ひとりごと+self-talk

ちょっとした習慣であなたの人生はよりよくなる!

株の学校

 

10万円から始めて資産を200倍にする小型成長株投資 

 

 

ビジネスエリートになるための 教養としての投資

 

 

株の学校

2020年3月18日には16,358円まで暴落した日経平均株価。しかし、その後は順調に上昇し続けて、2月15日には実に30年ぶりに30,000円を突破しました。 ところが、実際の経済は好調なのかというとそうではありません。 2月15日の内閣府発表の速報値では、2020年の1年間の実質GDPは-4.8%となり、 リーマンショック以来のマイナス成長 になっています。 ... 

 

 

本当の自由を手に入れる お金の大学

 

 

アメリカ金利上昇で、日本企業が「大打撃を受ける説」は本当か...? プロの「意外な答え」(大槻 奈那,マネクリ) @moneygendai

米国の 金利が大きく上昇 している。 年初からの10年国債利回り上昇幅は0.38ポイントと、それなりに大きな変動となっている(図表1-1、図表1-2)。 日本の金利上昇幅は大きくはないが、それでも、このところ米国との連動が高まっており(図表1-1)、新型コロナ発生後のレンジを大きく上抜けてきている。 このような金利の上昇は、 好調の株式市場の懸念材料の一つ になっている。 ... 

 

 

世界を見てきた投資のプロが新入社員にこっそり教えている驚くほどシンプルで一生使える投資の極意

 

 

アメリカの金利上昇、乱高下する株価の「損切りタイミング」をプロはこう考える(大槻 奈那,マネクリ) @moneygendai

米国の金利上昇を主因に、足元で株式市場が弱含んでいる (図表1)。現在のような数十bp(1bp=0.01%)程度の金利上昇であれば、企業収益や家計等への影響は小さく、本来は市場全体に影響を及ぼすものではない。 過去20年で見ると、数十bpの金利上昇が株価暴落の要因になったことは殆どなく、むしろ景気先行きの強さを示すものとして長期金利と株価には正の相関がみられた(図表2)。 ... 

 

 

世界一やさしい 株の教科書 1年生

 

 

銘柄選びの教科書|株の学校ドットコム

と、あなたは思ったことがあるかもしれません。 しかし、もし、あなたが、明日利益をあげたいなら、会社の業績は関係ありません。 トヨタが有名だとか、ソフトバンクが有名だから上がるだろうと思っているなら危険です。なぜなら、会社の業績や、業種、利益率が関係するのは、1年以上後になってからがほとんどだからです。 ... 

 

 

投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識 (日本経済新聞出版)

 

 

大流行のESG投資でマーケットに勝てるのか?

大槻 奈那 ESG投資が急拡大 株価のパフォーマンスも足元で大きく改善 ここからのESG投資は有望か? 最近、機関投資家によるESG投資(=環境Environment、社会Society、企業統治Governanceへの取り組みが優れている企業への投資)が一層注目されている。世界の自然災害の増加や新型コロナの影響が背景にある。 ... 

 

 

貯金40万円が株式投資で4億円 元手を1000倍に増やしたボクの投資術

 

 

日本株は4月下旬からの盛り返しに期待

広木 隆 2021年4月14日(水)Market Talkの内容 ・​日本郵船商船三井など、海運株の調整が続いています。今後の見通しについてお聞かせ下さい。 ​・ユニクロ安川電機など、市場予想に届かなかったため、決算発表後、好決算だったのに株価が下落しました。今後、このような銘柄が増えることでセンチメントが悪化することはありませんか? ... 

 

 

逃げて勝つ 投資の鉄則 大負けせずに資産を築く10年戦略

 

 

日本株の上値が重い理由

広木 隆 2021年4月7日(水)Market Talkの内容 ・​4月に入っても日本株の上値が重いです。コロナワクチン接種率の低迷が原因とすると、今月中は日本株の上値が重いと見てよいですか? ​・今後、海外からの日本企業の買収は続きそうでしょうか。 ​・広木さんが株を売るとしたら、どんな場面ですか? ...

 

 

毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資

 

 

米国株、2月の調整はこれから?それとも既に起きてしまったのか?

岡元 兵八郎 米国株に2月の調整はあるのか? 「調整が起きない」と考えられる理由 注意すべきリスク 米国では歴史的に2月は株価が弱含む月となっています。私も1月のイベントではそのことを紹介し、その可能性を信じていました。ところが最近の米国株式市場を取り巻く環境をみると、2月に調整が起きない可能性が出てきたのではないかと思い始めています。 その理由は大きく2つあります。 ...

 

 

株・投資信託・iDeCo・NISAがわかる 今さら聞けない投資の超基本

 

 

日本株、じつは日銀の"政策変更"が「個人投資家」には案外悪くないワケ(大槻 奈那,マネクリ) @moneygendai

日銀リスクを超えて力強い相場へ 日本銀行が19日、政策決定会合の結果と、注目の「金融政策の点検」を発表、長期金利の変動幅をわずかに拡大するとともに、ETF購入を調整した(図表1)。 具体的には、10年国債の目標金利についてはゼロ%を中心とし、変動幅を上下0.20%から0.25%に拡大した。 ... 

 

 

日本一カンタンな「投資」と「お金」の本

 

 

伝説の投資家ウォーレン・バフェットでさえ、52年かかった学びとは?

伝説の投資家として知られる ウォーレン・バフェット。彼の 重要な教訓が含まれた珍しい話を、私が発表した無料の電子書籍『 Warren Buffett Predicts the Future 』から紹介します。 それは、コカ・コーラを大量に飲むというバフェットの習慣と、それに関して、彼が気づくのに52年もかかったというある洞察についての話です。 ...